美脚に見えるパンツの選び方

パンツを選ぶ時には色んなことを気にすると思います。その中でもいかに脚が綺麗に見えるかということは気になるとこだと思います。しかし、実際に脚を見せるのではないので、美脚のような雰囲気をいかに作れるかということです。逆に言えば、どんな脚でも実際よりも美脚のように見せることができるのがパンツスタイルです。その選び方のポイントを注意してパンツを選んでください。ここでは、スキニーのようなスリムなパンツではなくゆったりかつ足長に見えるようなパンツの選び方のポイントを紹介します。足長に見えるとすらっと美脚のような雰囲気を醸し出すことができるので、覚えておくと色々使えると思います。そのパンツとはセンタープレスのパンツです。センターにラインが入っているので、縦のラインが強調されていて足長でを綺麗に見せてくれる効果があります。センタープレスのパンツはウエストで色んなアレンジをしたコーデができるので、より足長や美脚に見せられることがいいところです。例えば、フロントインをして、ウエスト位置を強調することで足長に見えるみせることもできます。またウエストをリボンで結んだラップ風のパンツでよりウエストを強調すればラインがスッキリする効果もあり、より美脚の効果が出ると思います。このように着こなし方で足長美脚効果を期待するにはセンタープレスのパンツおすすめです。

大人女子スカートのポイントは3つ

大人のスカート選びで気を付けたいことは3つです。丈・形・柄です。まず丈、スカートの長さについてですが、10代~20代の頃と同じ様に膝より上の丈を選んでいてはダメです。これは、身長の高い低いにかかわらずのことです。年を重ねるごとに、品の良さを心がけるようにしましょう。そうなると、膝が見えるスカートの長さは、あまり品良く見えません。足の太さなどを隠すために短いスカートを選ぶことを避ける人もいますが、大人の女性がスカートを選ぶ際は、足の太さではなく品の良さを気にするようにしましょう。おススメは、ミモレ丈です。長くもなく短くもなくの長さです。一見、中途半端な長さに野暮ったく見えてしまうと思いがちですが大丈夫です。年齢とともにこの長さがしっくり合うようになっています。もしどうしても、膝上丈のスカートを選びたい場合は、長めのアウターと合わせるようにしてください。次にスカートの形ですが、テッパンの形がおススメです。Aラインやフレアのデザインです。この形は、ふんわり感と上品さを演出してくれます。体型によっては、広がりのあるふんわり感が目立ってしまう・・・なんて心配もありますが、その場合は素材に注目してください。さらっと着こなせるリネン素材のフレアスカートであれば、体型も広がりも気になりません。最後に柄ですが、あまり派手な柄はおススメできません。大人の品の良さを演出するには避けたいデザインです。無難ですが無地がおススメです。無難過ぎてつまらないと思いがちですが、そういった場合は、選ぶ色に注目しましょう。少しくすみのあるパステルカラーだと、くすみが落ち着き感を出してくれます。また、無地では物足りないという人、どうしても柄のデザインを選びたい人には、ドット柄がおススメです。その際は、ドットの大きさとスカートの長さに注意しましょう。ドットは小さなデザインを、長さは足首までの丈がおススメです。大きいドット柄に短い丈は、子どもっぽくなってしまいます。大人のスカート選びは、ふんわり感と品の良さが大切です。コレさえおさえておけば、間違いなしです。

スポーティなワンピースの着こなし

ワンピースは単体で着るとシンプルすぎて面白みがありません。1枚でコーディネートが完成してしまう手軽さはありますが、組み合わせる楽しさがなくなってしまって買ったもののすぐに飽きることもあります。ワンピースは靴や帽子、バッグなどのアイテムとうまく組み合わせることでオシャレ上級者な着こなしをすることが可能です。ワンピースは一枚で着ると女の子らしい、女性らしい雰囲気になるアイテムが多いです。ただそれだけじゃつまらないという時には、スニーカーにキャップなどで少し全体のイメージを崩すように着こなします。スポーティなアイテムをプラスすることで可愛いくなりすぎないのでおすすめのコーデですし、オシャレ度もかなり高くなります。またワンピースとして着るだけではつまらない、という時には袖をロールアップしたり、短めのワンピースの場合にはデニムやレギンスと合わせてチュニックぽくコーデするのもありです。前がボタンでオープンになる場合にはワンピースではなくはおりの洋服にすることもできます。最近はボタンを全てはずしてワンピースとしてではなくカーディガンとして着る着こなしにも人気が集まっています。カーディガンにしてしまえば、インにはどんなアイテムを持ってきても合わせやすくなります。

歳相応の服とは何か?

人は歳を重ねていきます。
産まれて死ぬまで長い旅を続けています。
もちろん、歳を重ねるにつれ容姿も変化していきます。
いつまでも小学生の姿のままではいられませんし、いつかは「おじさん、おばさん」になってしまうものです。
歳を重ねるにつれ「身に着ける洋服」も変化していくのが自然です。
サイズが大きくなっていくのは当たり前ですが、「服の色目、形、デザイン」に至るまで年齢に合わせた着こなしをするのが世の中の暗黙のルールになっているようです。
子供の頃はとにかく何でもありです。
トップスもボトムも柄に柄を合わせてもかわいい。色も発色がいい物で奇抜でも許されます。
それは、「子供はかわいいから」という理由です。
しかし、20歳前後になると今度は「子供から大人への変化」を起こします。
つまり、「子供よりより大人っぽい服」を着ていくべきです。
個人的にはこのころの洋服は「落ち着いたトーンの物」を選ぶのがセオリーでしょう。
容姿はまだ「若々しい」です。少し落ち着いたトーンの物を身に着けることで品格がアップします。
30代40代ごろになると今度はさらに洋服のグレードを上げていく必要があると思います。
「少し高いブランド」を意識して買うようにすると「歳相応」のファッションになるでしょう。
50歳から60歳ごろになると、逆に「ちょっと無理をしたファッション」の方が実は似合います。
歳を重ねると容姿も「衰え」を見せてしまいます。
なので、気持ちを「いつまでも若々しく」させるためにも少し無理をしたくらいの若いファッションがおすすめなのです。
ファッションというのは自分の心の写し鏡です。
自分が元気でいれるものを着るのが大前提。まずは自分に自信を持って「好きな物を着る」というところから始めてみてはいかがでしょうか?

年を重ねるほどにシンプルに

私の年齢ともに変化する服選びについてお話ししたいと思います。思春期から二十代半ばまでは、華やかな花柄や可愛らし色味の服を好んで着ていましたが、年齢を重ねるに従って選ぶ服はシンプルになっていきました。その代わり、シルエットの美しさや素材感の良さに敏感になりました。そのため、1着1着を選ぶ際には慎重に吟味するようになりました。そうすることで、ワードローブはお気に入り、こだわりの服で揃うようになり、コーディネートで悩むことが少なくなりました。若い頃は、ついつい衝動買いをしたり、どうでもよい服やあまり気に入らなくても買ったりしていましたが、現在はそれが皆無です。しかし、裏を返せば、若い頃に様々な失敗を重ねたことで、自分に何が似合うのか、自分が何が好きなのかがわかるようになったと思います。また、最近は服とアクセサリーのバランスや靴やバッグなどとのバランスにも気を配るようにしています。一つアクセサリーをプラスしたり、ヒールの高さの違う靴を選ぶだけでもコーディネートがワンランクアップしたり、垢抜けたりするので、小物選びも重要です。また、自分自身が来ていて心地よい服であることも重要なポイントです。このようなことを考えながら服選びを楽しんでいます。

3色コーディネートとパーソナルカラーと骨格診断

コーディネートを行う際のこだわりは3点あります。重要な点から述べていきます。1点は3色以内でコーディネートを行うことです。理由は、人間の脳は人間の全体像を第一印象で見たときに3色以内のものを洗練されていると認識するからです。トップス、ボトムス、靴、バックの中で2点は同じ色で合わせることでぐっと上級者のコーディネートになります。2点は自身のパーソナルカラーを認識しておくことです。スプリング、サマー、オータム、ウィンターと4種類ありますが、自身をより魅力的に見せてくれるカラーを認識しておくことで第一印象がぐっとよくなります。特に自身の肌を良く見せてくれる効果があります。ブルーベースの方はサマーやウィンターの洋服が似合い、イエローベースの方はスプリングやオータムの洋服が似合います。の色3点は自身の体型の骨格を認識することです。ストレート、ウェーブ、ナチュラルと3種類あります。骨格を認識することでスタイルが良く見えるようになり、洋服がより高価に見える着こなしができます。この3点を組み合わせた洋服を購入し、着こなすことにより他人から見ていいコーディネートと判断されるようになります。これが私のこだわりです。

女性の服は自分らしさがオシャレ

世の中にはさまざまな女性がいます。そして、女性の数だけ服装もあると言っていいでしょう。国が変われば習慣やその土地、民族の歴史、体型に合った服装があるように、女性とひとことで言っても人によって似合う服は異なります。私たちはテレビや雑誌、ネットなどの情報に影響されがちです。他の人が着ている服やその人の外見に憧れを抱き、自分もそれと同じ格好をしてみたいと思う人も多いでしょう。特に女性は一般的に言って男性よりもファッションに敏感です。芸能人などの華やかな人を見て、自分も同じファッションを真似る場合が多いです。しかし、実は大事なのはそこではありません。確かに高価で見た目が華やかな女性服はそれが似合う女性を美しく着飾ってくれます。ですが、肝心な部分は「本当にその服が自分に合ったものか」という事です。いくら服そのものが素晴らしいものであったとしても、それを着る人の魅力を活かせなければ服の魅力は半減してしまいます。むしろ、自分自身の魅力を覆い隠してしまう場合だってあるでしょう。女性にとって服というのは実用性も大切ですが、化粧以上に自分自身を着飾ってくれるもの。金額や流行も大事ですが、本当に大切なのは自分自身の魅力を引き出してくれるのはどんな服なのか?それを最優先した女性服選びこそが、本当のオシャレと言えるのではないでしょうか。

自分に関心を持つことが大切

女性も40代、50代になると、体型や髪型の変化や肌質の変化などによって、大きく見た目年齢に個人差が出てくる年代。特に同窓会では、年齢をキレイに重ねている人とそうでない人との差が大きいことに驚くことがあります。私が思う40代、50代のオシャレに大切なことは、まず自分自身に関心や興味を持ち続けること。毎日の忙しさに流されて自分のことを後回しにしたり、「どうでもいい」と思ってしまった時点で、オシャレからどんどんかけ離れていってしまうもの。毎日の食事管理をすることが体型の維持や健康につながり、お肌の状態をチェックしてスキンケアすることで若々しい肌作りをすることにつながります。自分に関心や興味があるからこそ、自分に似合うオシャレなファッションに身を包むこともできるのだと思います。そして他人の目を意識すること。40代、50代でも全身流行のアイテムに身を包んでいる女性もいます。もちろんオシャレをするためには流行にいつもアンテナを張っていることもポイントですが、あくまでも自分よがりではなく、他人の目に自分のオシャレがどう映るのかを客観的にとらえるように意識すると、無理のない本当のオシャレができるのではないかと思っています。

私が服を購入する時のこだわり

多くの方々は「値段」「色合い」「ミスマッチがないこと」等を基準としたこだわりとしていると思いますが、私がいつも服を購入する際にこだわっている部分は、とにかく買って損をしないように徹底して時間をかけて試着し服を選定しております。
このこだわりを元に長時間掛けて服を試着することによって様々な角度から服を分析できるようになり、今まで買い損をしたケースが非常に少なく済みました。
多くの若者の方達は、すぐに「あっこれいい!可愛い!!」っといって、すぐに気に入って直感で判断してしまう部分があると思います。
それが悪いとは言いませんが、やはりその時の一時的な感情で服を購入してしまって、後々になって「やっぱりあっちの方で良かった。」と言うことがないように、何度か着てみて着心地や、外観を何度も見ることが大切になります。
なので時間をかけて試着すると言う意味は私が服選びをする中での、一番のこだわりであると言えます。長時間かけて決めた服は、自分自身が最大限に納得して購入する形になりますので、値段はあまり気にしないようにしております。

通販サイトで服を選ぶ時に気を付けること

通販サイトで大きいサイズの浴衣を買う時ですが、どうでしょう?いつも買っているブランドの服を買うのか、全く違うブランドを買うのかによって服のサイズに違いがある事をご存じでしょうか?同じブランドを買う、いつもこのブランドとこのブランドとと自分がいつも買っているブランドであれば服のサイズは細目にできているのか少し大きめにできているのか、麻素材のサロペットパンツが大人のコーディネートにが使われてて動きやすいとかいろいろなブランドによって特徴があります。そこを見極めて買わないと買ったけれどもいつもなら入るサイズが細身すぎてはいらないやストレッチが効いていないので動きにくいとかズボンのお腹周りが入る入らないが出てきます。あるブランドはほぼ太目の人でも40代のオシャレなコーディネートにゆったりしたチュニックがになっていたり、着痩せできてお腹周りはゴムの大きいサイズのパンツ上の服はゆとりを持たせて体系をわかりにくくするブランド、逆に細身で体の線をとことんだそうとするブランドなどがありサイズにゆとりがなく着たりはいたりすることがとても窮屈で着ていられないと言うことも起こりかねません。まずはきっちり自分の体系を知り細身なのかぽっちゃり方なのかを知り出来れば通販でもサイズ変更が可能なサイトなのかを調べて買うことをお勧めします。