レースアイテムをうまく着こなす

レースを使ったアイテムはとても上品で、可愛らしくて、好きな方が多いです。ですが入っていると、どこか気品を感じますよね。重要なポイントになるのはレースをどのように使うかと言うことです。
全身フリフリの洋服を着るのは、いただけません。レースは、ポイントポイントに使うことで、本当の良さを発揮するものです。
例えば、襟元や、袖口に少しだけレースが見えている状態などは品があってワンポイント映えします。ボトムスの、裾部分にレースが施されているなどもそうです。

そういったさりげないところに、レースがつけられているとおしゃれだと思います。あくまで、さりげなくレースを使うと言うことがポイントです。
その他にも、インナーや、キャミソールの胸元部分などに細やかなレースが入っていると、あまり見えない部分ではありますが、見えない部分のおしゃれも自分の気分を上げるためには大切なことです。細やかな部分にこだわりがあるのかどうかで、その人がおしゃれかどうかが分かるからです。
本当におしゃれな人は、細かい部分こそ、手を抜かないものです。神は細部に宿ると言いますが、大事なところは、細かい部分も適当にしないと言うことです。
さりげないオシャレをしたときに、そこに気づく人はいるはずで、きっとその人もかなりおしゃれな人だと思います。

ぽっちゃりこそ大柄ワンピースを

薄毛になる夏というのはとにかくぽっちゃり系女子にとっては非常に悩ましい問題ではあります。そこでよいのが、一枚で一体化させることができるという体型のカバーがかなりやりやすいワンピースということになるでしょう。
ワンピースを取り入れるのが得策といえます。
おすすめしたいこととしてあるのがワンピースといってどんなタイプのものにするのか、ということになりますが、そんな中でもやや大きめのものにすると体型を隠しやすくなります。
そして、さらに言えば腰の周りなんかに軽いベルトみたいなものでキュッと締めるという事によってなんとなくくびれがあるように見えたりします。
こうすることによって、スタイルを大分賀来氏ということができますし、大きなタイプのものになりますと肌に直接つけにくいということもあって、夏の時期には涼しくなれる、というメリットもあります。
お洒落でありつつ、そして涼しげであるということも見過ごすことができない利点としてあります。
それともうひとつあったほうがよいとなるのが、帽子です。ツバの多い、広めな帽子にするとよいでしょう。そうすると全体的に下に広がりがるあような雰囲気になるのでぽっちゃり系には最適です。

選ぶカラーで決まるワンピコーデ

40代、50代でシャツワンピースを選ぶときには、色選びが重要になります。ついつい流行色を選んでしまいがちですが、それよりも自分の年齢や体型に合った色選びをすることが大切です。

華やかな色は苦手。だからといって、黒といった重めのカラーも苦手というときには、グレージュがおすすめです。大人しめの色ですが、黒のように重たくはないので、他の色ともコーデがしやすくなります。

ですが、グレージュは微妙な色合いのため、コーデが難しいと考える人もいるでしょう。グレージュのシャツワンピースを爽やかに明るく見せるには、白い小物を活用することです。バッグやスニーカーを白にしたり、白いワイドパンツを組み合わせると、自然とレディースファッション通販で女性らしさをアピールできて、全体的にもスッキリと見せます。

また、シャツワンピースは太って見えると考えて懸念している人もいるかもしれませんが、そんなときにはウエストに注目してみてください。

シャツワンピースを着ていてふっくらと見えるのは、ウエストが括れていないからです。太めのベルトなどをすると、大きいサイズのトップスを通販で買いゆったり着用できて着痩せウエスト周囲がスッキリ見えるので、全体的にも着痩せして見えます。

シャツワンピースを着るときには、体型に合わせた着方をすることも大切です。

40代50代のおすすめ夏柄ボトムス

40代50代の女性にオススメの柄のボトムスは、葉っぱ柄のボトムスです。葉っぱ柄と言うと、あまり聞きなじみがないかもしれませんが、意外と葉っぱ柄のボトムスは他のアイテムとの組み合わせも良く、おしゃれにまとまるからです。
そして、夏に着ても秋に着ても、どちらでも大きいサイズのワンピースでおしゃれに着こなすことのできる万能アイテムともいえます。お花柄ではなくて葉っぱ柄と言うところがポイントです。
お花ほど可愛らしくなりすぎないので、大人っぽくて落ち着いた雰囲気を演出することができます。葉っぱからだと、主張も激しくないので、お洒落だけれど落ち着いたイメージになるところが特徴です。
お花柄や、アニマル柄だと派手になりすぎて、着づらいという方も、葉っぱ柄だったら、挑戦しやすいのではないでしょうか。

トップスは、シンプルなシャツでも、上品な夏用のニットセーターなどでも大人っぽくおしゃれにまとめることが可能です。落ち着いた柄物なので、どんなトップスと合わせてもまとまりやすいので1着持っておくといいかもしれません。
スカートでもパンツスタイルでも、どちらもスマートな大人の印象になるので、落ち着いた40代と50代の女性にぴったりです。アクセサリーなどの小物で、すこし明るめのアイテムを使って差し色にするとさらにお洒落で素敵なコーデになります。

ぽっちゃり女性でも細見え!夏の白T着回しコーデ

夏になったら暑苦しい黒色などよりも白Tシャツで爽やかに過ごしたいですよね。ですが白と言えば膨張色の象徴…ぽっちゃり女子はなかなか選び辛く避けてしまいがちですよね。そんな人も大丈夫、白Tシャツでの細身に見える着回しコーデを教えます。

一つ目は、白Tシャツの上にロングカーディガンを一枚羽織るだけ。縦のラインが強調されて、すらっと見えます。カーディガンの色は淡い色よりもはっきりした色の方がより縦ラインが強調されてグッド。青や緑などを着ると涼しげでおすすめです。
また、次の白Tシャツコーデは、少し大きめの白Tシャツをダボっと着て、その上からおしゃれなベルトを巻きましょう。ウエストが強調されるので細く見えます。その下に合わせるボトムスもダボっとした長い丈、下に行くに連れて広がるデザインだとよりラインが強調されて細身に見えます。

また、思い切って白いワンピースを着たいという人にもおしゃれベルトはおすすめです。ベルトなしで下に長いだけだと太く見えてしまうため、ワンポイント絞ってあげましょう。また、もともとワンピースのデザインで袖のところに縛りがあるとよりいいです。

白いスカートを履きたい、白い靴を履きたいという人はトップスに濃い色を持って来るのも相性が良いです。
この夏は勇気を出して爽やかな白にチャレンジしましょう。

夏は見た目的にも涼やかに

レディース通販の服で夏のコーディネートを楽しみに白を取り入れたいと考えた時には、プリーツスカートがおすすめです。ふんわりとしていて、風が吹く度にヒラヒラするプリーツスカートは、見た目的にもとても涼やかに見えるので、レディースチュニックは爽やかな印象を相手に与えます

40代や50代になると、ウエスト部分が気になり出してくる年代です。プリーツスカートなら、大きいサイズのパンツで楽なウエストがゴムのパンツになっていることが多いので、ゆったりとしていてはきやすいです。

爽やかさを出したい時には、トップス選びも大切です。同じように白いトップスにすると、清楚さや上品さを表すことができます。また、水色や黄色といった色をトップスに持ってくることで、若々しい印象にも見せることが可能です。
ですが、スカートは普段はあまり履かないという人もいるでしょう。そんな時には、白いパンツもおすすめです。ぽっちゃりさんの着痩せコーディネートを見て着痩せを白いパンツは足をスラッとして見せてくれますし、行動派な印象を相手に与えることができます。

更にアクティブな雰囲気にしたい時には、トップスは紺やネイビーを選ぶのもおすすめです。シックな大人っぽさも出せるので、通販のレディースファッションは大人女性には最適です。
夏は、暑さを忘れるような鮮やかな白いスカートやパンツを取り入れて、涼やかに過ごすことがおすすめです。

冷え性さんは夏場も油断できません!

冷えは女性の大敵!油断しがちな夏の冷え性対策コーデ!年齢を重ねると筋肉量の低下とともに女性は体が冷えやすくなります。

油断して一度冷えてしまうと、冷えがずっと残り、腹痛や頭痛、消化不良など様々な問題を引き起こします。特に夏場は汗をかいてそのまま汗が蒸発するときに気化熱で体の表面の熱が奪われて体温が下がることもあります。また、人間の体は汗をかいて体温が上がると、体温を下げるため体の中心部は温度を下げる働きがあります。つまり熱い夏場はそのほかのシーズンに比べて冷えるタイミングが多いということです。
このコラムでは夏場の冷え性に悩む40代50代女性の夏のコーディネートについて書きました。夏場の冷え性を防ぐポイント、【吸水速乾の長袖カーディガンやパーカーを羽織る。】

汗をかいたら汗を吸った上着を脱ぐことで、気化熱で体が冷えるのを防ぐことができます。UVカット効果があれば日焼け対策にもなって一石二鳥です。羽織った瞬間にひんやりとした触感を感じることができる接触冷感のものがおすすめです。
オフィスで仕事中、冷房が寒すぎたときに羽織ることもできるので、バッグに一つ入れておくとスマートに冷房対策できますね。

この夏オススメの2大トレンドシャツ

上品さを感じさせるかわいいトップスは大人女性に欠かせないアイテム。紫外線をカットしてくれるもの、体型カバーができるものなど、レディーストップスは夏に活躍してくれるブラウスもあり、上手に活用したいですね。

昨年から流行中のボリュームスリーブ。今期はパワーショルダーなど、さらに袖を強調したアイテムも出回っています。人気のファストファッションでも取り入れられており、プチプラアイテムで挑戦してみるのもいいかもしれません。ボリュームスリーブは気になる二の腕など体のラインをカバー、また袖をまくって手首を見せればメリハリで女性らしさも印象付けられます。
体に密着せず涼しく感じるのも暑い夏には嬉しいポイントです。ボリューム袖で華やかな印象やトレンド感がプラスされ、手持ちのアイテムにこれ一着合わせるだけでお洒落に仕上がります。

さらに、2021年の注目アイテム、シアーシャツも要チェック。透け感のある素材を使ったブラウスは、透けすぎない程よい透け感のものを選べば、レディース通販で購入した服は大人の女性にも充分着こなせます。オーバーサイズや大きいサイズの体型カバーロングシャツは春になど、丈が眺めのアイテムならお腹やお尻など気になる部分もさりげなく隠してくれます。
前を開けて羽織れば、抜け感のある着こなしに。暑さもしのげる大人のリラックススタイルが完成します。
Tシャツなど、カジュアルなアイテムに頼りがちな夏の着こなし。暑い時期にも上品で女性らしく見せてくれるシャツを上手に取り入れると、コーディネートの幅が広がります。

ジャンパースカートで細見え

私のオススメ細見えアイテム、それはズバリ「ジャンパースカート」です。

ジャンパースカートと聞くと、「子供っぽくなりがちかな…」「逆に太ってみえそう」など苦手イメージがある方もいるかもしれません。私も以前はそう思っていました。

ですがぜひ、一度試して頂きたい!私は妊娠後期に持っている服がいよいよ着られなくなったときがきっかけで、ジャンパースカートを購入しました。マタニティ服をいまさら買うのは勿体ないので、産後も穿けたらいいかな、くらいの気持ちでした。

いざ着てみると、いつも着ているマタニティジーンズコーデよりも、ほっそりして見えることに気づいたのです!ガバッとしているので、お腹周りはもちろん、太腿も完全にカバーされています。しかも何が便利かって、インナーを変えるだけで様々なコーデが楽しめるので、着回し力抜群なのです。

ロンTやふわっとしたシフォンブラウスなど、長袖も半袖も合わせられるのでかなり長いシーズンで重宝します。しかも、いかにもお尻回りをカバーしてますというような長めのトップスをジーンズに合わせたコーデなんかより、ジャンパースカートコーデの方がずっとオシャレに決まるのです。

というように、私は妊娠がきっかけでしたが、産後しばらくたってもジャンパースカートにはお世話になりまくりです。ぜひ一度、試して頂ければと思います。

ぽっこりをカバーする春夏服

40代女性のお腹周りをカバーするコーディネートが気になるもの。しかし、大きいサイズの韓国ファッションを通販で50代くらいまではまだまだピシュアル的に若々しさが自然とにじみでます。気になるぽっこりお腹を目立たなくするのに、一番手軽なのは、ロング丈のトップスを着用することですが、それではいかにも「お腹周りのラインを隠しています」といった印象を与えかねません。若々しいビジュアルにそぐわないチョイスになってしまいます。

「お腹周りを隠しています」といった印象を和らげるのに適したアイテムがオーバーシャツです。2020年春に流行したオーバーシャツですが、2021年にも活用できます。さらりと羽織れるオーバーシャツは、特にスカートとの相性が良く、若々しい50代に似合います。ロングスカートに大きいサイズのトップスはオーバーシャツが着痩せを羽織ると、スカートの柄次第で、甘くも爽やかにもなります。春から夏にかけて、合わせるロングスカートを替えるだけで、同じオーバーシャツががらりと印象を変えるのも重宝です。

一方、スカートでお勧めなのはティアードスカートです。ギャザーがたっぷりしており、切り替えデザインなので、お腹周りのラインから視線をずらしてくれます。ティアードスカートと相性が良いのはシンプルなトップスです。晩春から初夏にかけて、オーバーシャツが重苦しく胸の大きいサイズにも合う下着や大きいサイズのブラジャー感じられるようになった時、ティアードスカートは便利です。