着痩せはヒップと太ももがポイント!

おしゃれに体型隠しができるワイドパンツは、下半身が気になる方にとても嬉しいボトムです。しかし、いくら体型隠しをしたいからと言って、いたずらに大きなサイズやワイドすぎるパンツを選んでしまうのは逆効果。隠したい下半身をより強く印象づけるスタイルになってしまいます。ワイドパンツの体型隠しのポイントは、「ヒップぴったり太ももゆったり」。まずは自分のヒップにあったワイドパンツを選びましょう。まず「ヒップぴったり」は、スキニーパンツを履いたときのようなパツパツな状態ではありません。立っている状態でインナーのラインが見えてしまうのはぴったりすぎます。逆に、立っている状態でヒップに余裕がありゆったりしているパンツはサイズが合っていません。立っている時は自然なヒップラインが見え、しゃがんだ時にキュッとヒップが圧迫される程度が理想です。「太ももゆったり」は、太もものラインがほとんど見えない物を選ぶということ。ヒップの一番高いところからストンと落ちるようなシルエットのワイドパンツを選ぶと、気になる下半身の体型を見る人にイメージさせません。ワイドパンツは単純に「太くて楽そう」というだけでなく、自分に合った一本を選ぶことで、おしゃれ感UPとともに体型隠しにも一役買ってくれます。

ワイドパンツの体型隠しポイント

何年か前に流行アイテムとして登場した後、今ではすっかりファッションの定番となったワイドパンツ。太もものむっちり具合が気になって細身のスキニーパンツの流行に乗れなかった人でも、このワイドパンツならうまく体型をカバーできるはずと期待を込めて手に入れた人も多いのではないだろうか。ワイドパンツとは、文字通りウェストから下の幅がゆったりしていて、足の形を隠すことのできるとても頼れるパンツなのだ。ただし、体型隠しが目的でワイドパンツを選んだならば、着こなし方でいくつか押さえておいた方がよいポイントがいくつかある。まずは、ワイドパンツは下半身にボリュームのでるアイテムだということを忘れないこと。つまり、ワイドパンツのコーディネートでは、上半身にはなるべくボリュームを出さないことがすっきり見せるコツ。上下ともにボリュームが出ると、体型がカバーされるどころか、太って見えてしまうのだ。次に、ウェスト周りを見せるか隠すかで迷うと思うが、ここは思い切ってシャツの前はインにして足長に見えるようにするのが良いだろう。それでもどうしてもウェスト周りを隠したいならば、いっそのこと丈の長いシャツワンピースや細身のニットを合わせえてしまうのも良いだろう。

秋ファッションで体型隠す方法

秋ファッションは薄着の夏ファッションと比較して体型隠しやすいのが嬉しいという人も少なくないでしょう。それに食欲の秋というくらい美味しいモノが多い季節なので、つい食べ過ぎて脂肪が付いてしまったなんて人も多いと言えます。まず体型隠しのポイントは黒や紺といった寒色系の色は収縮色とも呼ばれていて、実際よりも細く見せてくれます。だから下半身が気になる人はボトムに寒色系の色と取り入れる、お腹周りが気になる人はトップスに寒色系を選んで下さい。他にも柄物を選ぶなら縦長のストライプが細く見えます。逆にボーダーラインは太く見えるので避けた方が無難です。

あと着痩せコーデのポイントとして素材も重要と言うことが出来ます。レーヨンやポリエステルは体のラインを出さずに済むので、体型隠しをしたい人に最適な素材と言えるでしょう。反対にフェミニンなふんわりとした素材の服は太って見えてしまうのでNGです。他にも秋冬にお勧めなのが黒のストッキング、タイツ、レギンスなどで、足を細く見せたいなら是非試してみて下さい。それとスカートやパンツといったボトムスは足首が少し見える長さのモノを選ぶと足首が細く見えるので体型をカバーすることが出来ます。

ファーがついた小物やコート

秋になると、少しずつ寒くなってきます。
見た目や肌触りが暖かいものが、自然と好まれたり人気が出るように思います。
そこで秋のレディーズファッションで注目したいのが、ファーがついたものです。
バッグやブーツなど、ファーがついていることで温かさを実感するように思います。
その他モコモコした感触が、心地よく感じるかもしれません。
それにそういったものを身に着けていることで、おしゃれでそして流行に敏感といった雰囲気が漂っているように思います。

あとコートにも、注目したいですね。
コートの中でも、ショートコートです。
白などモコモコファーのコートに、スカートやパンツスタイル。
それにブーツをあわせると、トレンド感がましていくように思います。
ファーのコートの色によって、ボトムスやタイツなどの色が暖色系か寒色系かが変わってくると思います。けれど秋ということで、暖色系の色の方が外見からしても暖かそうに思えます。
ちなみにコートにファーがついていたら、ブーツはノーマルなほうがよいでしょう。
なぜかというと、ファーがついたものを複数みにつけてしまうと逆に暑苦しく思えるからです。
そこのところは、上手に考えながらどういうスタイルにするかきめていってほしいと思います。

フレアスカートで下半身カバー

下半身が太いのが気になるなら、フレアスカートがお勧めです。お尻や太ももの太い部分を隠し、下半身をほっそり見せることができます。フレアスカートはもともと広がったデザインなので、お尻や太ももが太くても体のラインが表に出ないので、下半身の太さを隠すことができます。フレアスカートが長すぎると、全体的に重い印象になってしまうので、膝くらいの長さのスカートにすると良いでしょう。お尻や太ももを隠しつつ、足首のキュッとしまった部分を出すことで、脚が細い印象を与えることができます。フレアスカートの広がりと足首の引き締まった部分の対比で、より脚が細く見えます。スカートの色は明るい方が軽やかで、体重の軽い感じを出すことができます。色が暗いと目の錯覚で体重が重そうに見えてしまいます。明るい色のフレアスカートにすることで、動いたときに揺れてさらに軽やかさを演出することができます。トップスは何でも良いですが、スカートにインできるシャツがおすすめです。スカートにシャツを入れることによってウェストのくびれを作ることができるからです。ウェストのくびれとフレアスカートの広がりの対比で、脚が細く見える効果があるので、シャツをインするのがおすすめです。

細い部分だけ出すのがポイント

上半身に比べ、腰から太ももにかけて異常に太いのが悩みの私です。人から普通サイズに見てもらえるよう、下半身をカバーできるスタイル、かなり研究しました。結果、「細い部分だけ出す!」が結論です笑。上半身は二の腕を除いて普通のMサイズなので、あまり服を選びません。上半身であくまで「私、普通スタイルですよ〰️」を作り、下半身はやっぱりお助けアイテムのスカートでカバーすることが多いです。太ももの太さよりはマシですが、私のふくらはぎの張りも相当なもの。足首だけ普通なので、その普通を強調すべく、セミロングからロング丈が私にとってベスト丈です。ただ、いくら丈が長くても、腰張りスタイルの私にはプリーツ系は「コシミノ」のようになって似合いません。どちらかというと、タイトスカートのほうがスタイル良く見えます。そう、I(アイ)ラインを作るんです。みんな騙されて、細い細いと言ってくれます笑。あとはプリーツ以外のフレアースカートも、太い部分をすっぽり隠してくれる優れもの。履いてしまえばこっちのもんです。下半身太りで悩んでる人は、パンツよりスカートを選ぶことが多いはず。同じ下半身太りでも、自分の太っている”部分”をうまく隠して、割りと細めな部分を強調するスタイルが、スタイル作りのコツではないかな?と思います。

美脚に見えるパンツの選び方

パンツを選ぶ時には色んなことを気にすると思います。その中でもいかに脚が綺麗に見えるかということは気になるとこだと思います。しかし、実際に脚を見せるのではないので、美脚のような雰囲気をいかに作れるかということです。逆に言えば、どんな脚でも実際よりも美脚のように見せることができるのがパンツスタイルです。その選び方のポイントを注意してパンツを選んでください。ここでは、スキニーのようなスリムなパンツではなくゆったりかつ足長に見えるようなパンツの選び方のポイントを紹介します。足長に見えるとすらっと美脚のような雰囲気を醸し出すことができるので、覚えておくと色々使えると思います。そのパンツとはセンタープレスのパンツです。センターにラインが入っているので、縦のラインが強調されていて足長でを綺麗に見せてくれる効果があります。センタープレスのパンツはウエストで色んなアレンジをしたコーデができるので、より足長や美脚に見せられることがいいところです。例えば、フロントインをして、ウエスト位置を強調することで足長に見えるみせることもできます。またウエストをリボンで結んだラップ風のパンツでよりウエストを強調すればラインがスッキリする効果もあり、より美脚の効果が出ると思います。このように着こなし方で足長美脚効果を期待するにはセンタープレスのパンツおすすめです。

大人女子スカートのポイントは3つ

大人のスカート選びで気を付けたいことは3つです。丈・形・柄です。まず丈、スカートの長さについてですが、10代~20代の頃と同じ様に膝より上の丈を選んでいてはダメです。これは、身長の高い低いにかかわらずのことです。年を重ねるごとに、品の良さを心がけるようにしましょう。そうなると、膝が見えるスカートの時はタイツを着用する事で大きいサイズの女性も気兼ねなく長さは、あまり品良く見えません。足の太さなどを隠すために短いスカートを選ぶことを避ける人もいますが、大人の女性がスカートを選ぶ際はナチュラルでオシャレなデザインを、足の太さではなく品の良さを気にするようにしましょう。おススメは、ミモレ丈の大きいサイズのスカートを選ぶと着痩せです。長くもなく短くもなくの長さです。一見、中途半端な長さに野暮ったく見えてしまうと思いがちですが大丈夫です。年齢とともにこの長さがしっくり合うようになっています。もしどうしても、膝上丈のスカートを選びたい場合は、長めのアウターと合わせるようにしてください。次にスカートの形ですが、テッパンの形がおススメです。Aラインやフレアのデザインです。この形は、ふんわり感と上品さを演出する大人可愛いスカートを通販で買いしてくれます。体型によっては、広がりのあるふんわり感が目立ってしまう・・・なんて心配もありますが、その場合は素材に注目してください。さらっと着こなせるリネン素材のフレアスカートであれば、体型も広がりも気になりません。最後に柄ですが、あまり派手な柄はおススメできません。大人の品の良さを演出するには避けたいデザインです。無難ですが無地がおススメです。無難過ぎてつまらないと思いがちですが、そういった場合は、選ぶ色に注目しましょう。少しくすみのあるパステルカラーだと、くすみが落ち着き感を出してくれます。また、無地では物足りないという人、どうしても柄のデザインを選びたい人には、ドット柄がおススメです。その際は、ドットの大きさとスカートの長さに注意しましょう。ドットは小さなデザインを、長さは足首までの丈がおススメです。大きいドット柄に短い丈は、子どもっぽくなってしまいます。大人のスカート選びは、ふんわり感と品の良さが大切です。コレさえおさえておけば、間違いなしです。

スポーティなワンピースの着こなし

ワンピースは単体で着るとシンプルすぎて面白みがありません。1枚でコーディネートが完成してしまう手軽さはありますが、組み合わせる楽しさがなくなってしまって買ったもののすぐに飽きることもあります。ワンピースは靴や帽子、バッグなどのアイテムとうまく組み合わせることでオシャレ上級者な着こなしをすることが可能です。ワンピースは一枚で着ると女の子らしい、女性らしい雰囲気になるアイテムが多いです。ただそれだけじゃつまらないという時には、スニーカーにキャップなどで少し全体のイメージを崩すように着こなします。スポーティなアイテムをプラスすることで可愛いくなりすぎないのでおすすめのコーデですし、オシャレ度もかなり高くなります。またワンピースとして着るだけではつまらない、という時には袖をロールアップしたり、短めのワンピースの場合にはデニムやレギンスと合わせてチュニックぽくコーデするのもありです。前がボタンでオープンになる場合にはワンピースではなくはおりの洋服にすることもできます。最近はボタンを全てはずしてワンピースとしてではなくカーディガンとして着る着こなしにも人気が集まっています。カーディガンにしてしまえば、インにはどんなアイテムを持ってきても合わせやすくなります。

歳相応の服とは何か?

人は歳を重ねていきます。
産まれて死ぬまで長い旅を続けています。
もちろん、歳を重ねるにつれ容姿も変化していきます。
いつまでも小学生の姿のままではいられませんし、いつかは「おじさん、おばさん」になってしまうものです。
歳を重ねるにつれ「身に着ける洋服」も変化していくのが自然です。
サイズが大きくなっていくのは当たり前ですが、「服の色目、形、デザイン」に至るまで年齢に合わせた着こなしをするのが世の中の暗黙のルールになっているようです。
子供の頃はとにかく何でもありです。
トップスもボトムも柄に柄を合わせてもかわいい。色も発色がいい物で奇抜でも許されます。
それは、「子供はかわいいから」という理由です。
しかし、20歳前後になると今度は「子供から大人への変化」を起こします。
つまり、「子供よりより大人っぽい服」を着ていくべきです。
個人的にはこのころの洋服は「落ち着いたトーンの物」を選ぶのがセオリーでしょう。
容姿はまだ「若々しい」です。少し落ち着いたトーンの物を身に着けることで品格がアップします。
30代40代ごろになると大人っぽいデザインのオシャレなコーディネートを今度はさらに洋服のグレードを上げていく必要があると思います。
「少し高いブランド」を意識して買うようにすると「歳相応」のファッションになるでしょう。
50歳から60歳ごろになると、逆に「ちょっと無理をしたファッション」の方が実は似合います。
歳を重ねると容姿も「衰え」を見せてしまいます。
なので、気持ちを「いつまでも若々しく」させるためにも少し無理をしたくらいの若いファッションがおすすめなのです。
スーツほどかっちりしない大きいサイズのオフィスカジュアルファッションというのは自分の心の写し鏡です。
自分が元気でいれるものを着るのが大前提。まずは自分に自信を持って「好きな物を着る」というところから始めてみてはいかがでしょうか?