着痩せはヒップと太ももがポイント!

おしゃれに体型隠しができるワイドパンツは、下半身が気になる方にとても嬉しいボトムです。しかし、いくら体型隠しをしたいからと言って、いたずらに大きなサイズやワイドすぎるパンツを選んでしまうのは逆効果。隠したい下半身をより強く印象づけるスタイルになってしまいます。ワイドパンツの体型隠しのポイントは、「ヒップぴったり太ももゆったり」。まずは自分のヒップにあったワイドパンツを選びましょう。まず「ヒップぴったり」は、スキニーパンツを履いたときのようなパツパツな状態ではありません。立っている状態でインナーのラインが見えてしまうのはぴったりすぎます。逆に、立っている状態でヒップに余裕がありゆったりしているパンツはサイズが合っていません。立っている時は自然なヒップラインが見え、しゃがんだ時にキュッとヒップが圧迫される程度が理想です。「太ももゆったり」は、太もものラインがほとんど見えない物を選ぶということ。ヒップの一番高いところからストンと落ちるようなシルエットのワイドパンツを選ぶと、気になる下半身の体型を見る人にイメージさせません。ワイドパンツは単純に「太くて楽そう」というだけでなく、自分に合った一本を選ぶことで、おしゃれ感UPとともに体型隠しにも一役買ってくれます。

ワイドパンツの体型隠しポイント

何年か前に流行アイテムとして登場した後、今ではすっかりファッションの定番となったワイドパンツ。太もものむっちり具合が気になって細身のスキニーパンツの流行に乗れなかった人でも、このワイドパンツならうまく体型をカバーできるはずと期待を込めて手に入れた人も多いのではないだろうか。ワイドパンツとは、文字通りウェストから下の幅がゆったりしていて、足の形を隠すことのできるとても頼れるパンツなのだ。ただし、体型隠しが目的でワイドパンツを選んだならば、着こなし方でいくつか押さえておいた方がよいポイントがいくつかある。まずは、ワイドパンツは下半身にボリュームのでるアイテムだということを忘れないこと。つまり、ワイドパンツのコーディネートでは、上半身にはなるべくボリュームを出さないことがすっきり見せるコツ。上下ともにボリュームが出ると、体型がカバーされるどころか、太って見えてしまうのだ。次に、ウェスト周りを見せるか隠すかで迷うと思うが、ここは思い切ってシャツの前はインにして足長に見えるようにするのが良いだろう。それでもどうしてもウェスト周りを隠したいならば、いっそのこと丈の長いシャツワンピースや細身のニットを合わせえてしまうのも良いだろう。