大人女子スカートのポイントは3つ

大人のスカート選びで気を付けたいことは3つです。丈・形・柄です。まず丈、スカートの長さについてですが、10代~20代の頃と同じ様に膝より上の丈を選んでいてはダメです。これは、身長の高い低いにかかわらずのことです。年を重ねるごとに、品の良さを心がけるようにしましょう。そうなると、膝が見えるスカートの長さは、あまり品良く見えません。足の太さなどを隠すために短いスカートを選ぶことを避ける人もいますが、大人の女性がスカートを選ぶ際は、足の太さではなく品の良さを気にするようにしましょう。おススメは、ミモレ丈です。長くもなく短くもなくの長さです。一見、中途半端な長さに野暮ったく見えてしまうと思いがちですが大丈夫です。年齢とともにこの長さがしっくり合うようになっています。もしどうしても、膝上丈のスカートを選びたい場合は、長めのアウターと合わせるようにしてください。次にスカートの形ですが、テッパンの形がおススメです。Aラインやフレアのデザインです。この形は、ふんわり感と上品さを演出してくれます。体型によっては、広がりのあるふんわり感が目立ってしまう・・・なんて心配もありますが、その場合は素材に注目してください。さらっと着こなせるリネン素材のフレアスカートであれば、体型も広がりも気になりません。最後に柄ですが、あまり派手な柄はおススメできません。大人の品の良さを演出するには避けたいデザインです。無難ですが無地がおススメです。無難過ぎてつまらないと思いがちですが、そういった場合は、選ぶ色に注目しましょう。少しくすみのあるパステルカラーだと、くすみが落ち着き感を出してくれます。また、無地では物足りないという人、どうしても柄のデザインを選びたい人には、ドット柄がおススメです。その際は、ドットの大きさとスカートの長さに注意しましょう。ドットは小さなデザインを、長さは足首までの丈がおススメです。大きいドット柄に短い丈は、子どもっぽくなってしまいます。大人のスカート選びは、ふんわり感と品の良さが大切です。コレさえおさえておけば、間違いなしです。